株式会社エル・エー・ビー


開発と研究内容 画像処理技術の枠を超えた新しい認識システム
-ソフトウェア-

■ 背景・移動体検出技術
元映像
人など多数の移動物体の写った元動画

背景抽出映像
移動物体を削除して他のフレームより補完した画像
映像の各フレームを解析することで
移動体と背景を判別してそれぞれに
抽出することが可能です。
この技術を応用して必要に応じて
除去する部分や残す部分などを選択
することで特定の大きさや速度を持つ
物体を判別したり、谷の交差点などで
自分以外の人物 や車などを全て
消してしまい1人だけで交差点を渡る
・・・といった従来では莫大なコスト
をかけていた処理なども手軽に生成
可能です。


■ マスク・サーチ&オーバーラッピングプログラム
インタビューなどのシーンでよくみられるマスキング処理。
肖像権の保護等により、特定の人物と判別できないよう処理がされています。
しかし、その映像を小さな画像へ変換すると、マスキング処理がされていないような画像に
なってしまいます。
(マスキングされた部分もピクセルが小さくなり、元の映像が透けて見えてしまいます)
この問題を回避するため、再度マスキング処理を施すのは、大変な手間とコストが
かかってしまいます。

私たちが開発した本プログラム(マスク・サーチ&オーバーラッピングプログラム)
は、マスキングされている場所を自動検出し、任意の大きさに容易に変更できるプログラムです。
例えば、従来の映像を携帯映像へ変換する際など、より肖像権を保護する必要性がある場合、
短時間かつ人的作業を極力なくし、最良の保護を実現できます。


■ 歪み補正技術
レンズ特有の歪みは、様々な解析を行う際大きく精度に影響します。 歪みを自動補正させる事で、
広角レンズなどの使用時にも、より高精度な解析を実現 可能となります。 自動歪み補正は当社の
画像解析技術にも活用されていきます。

補正前                    補正後

■ 画像処理認識技術
下図の画像処理認識システムは、映像上で選択した物体の色のみ画像及び座標にてリアルタイムで
抽出することができます。

上図でも理解できると思いますが、画像上の顔の部分と左手でもっているボールのみを認識させて
います。顔と同色である右手そしてボールを握っている左手などは抽出していません。


上図のように同じ色のボールを並べていても選択されたボール(左右端のもの)のみだけを追尾して
いきます。


同じく選択した照明だけを追尾、たとえカメラを動かしたとしても別の照明ではなく、選択された
この照明のみを追尾してきます。


実際の計測例として波の動き、そして火山の爆発から流れ出す溶岩の動きまでもがクリアに解析
できるのです。火山の噴火時、移動値に加え、範囲などの面積をリアルタイムに計測します。


デジタルノイズフィルター
白波の部分をリアルタイムで計測し、細かなノイズ部分をリアルタイムで除去!画像から取り
込まれた細かなノイズ部分を正確にノイズリダクションします。


Copyright 2009 L.A.B Inc.